SOHOリフォーム

 

 

 

 

Reform Point SOHOリフォームのポイント

 

Point1.プランニング

 

自宅をオフィスとして兼用する場合、居住空間との区別が重要です。住まいの広さ、ライフスタイル、仕事の内容など考慮し

ワークスペースを考えます。スペースに余裕があれば、独立したオフィススペースをつくれますが、リビングや洋室を兼用

する場合は、プライベートな部分との使い分けに工夫を。
来客がある仕事の場合は、生活空間を見せない、洗面やトイレなど生活動線と重複させないなどの配慮が必要です。
又、仕事に必要な機器や書類等が整理しやすい収納計画も重要なポイントです。

 

[例]

⇒引き戸・・・必要に応じて部屋を仕切れる引き戸

⇒システム収納・・・デスクや収納をトータルコーディネート

 

 

 

Point2.室内環境

 

快適に仕事ができるように室内環境を整えることも大切な要素です。道路側などで音が気になる場合は、窓を二重窓に

するなど対策を。冷暖房効率がアップする効果もあります。エアコンは容量に余裕がある省エネタイプのものを。

換気設備を設ける場合は、熱交換タイプがおすすめです。照明計画も大切。長時間作業するので充分な明るさを確保し、

LEDのような省エネ性の高い器具を選びましょう。

 

[例]

⇒樹脂内窓・・・既存の窓の内側に取り付けて防音、断熱効果アップ

⇒LEDデスクスタンド・・・目が疲れにくく、省エネ

 

 

 

Point3.電気・通院設備

 

SOHOに欠かせないパソコン、プリンター、FAXなどのOA機器やインターネット環境。電気の容量や電源コンセントの位置、

数量、電話、配線などのチェックが必要です。レイアウト変更などを考えて、コンセントなどは多めにとっておきましょう。

宅内LAN設備を取り入れれば、他の部屋でもネットが使えて便利です。

 

[例]

⇒宅内LAN・・・1ギガ通信対応のインターネット配線設備を簡単に構築

⇒コンセント・・・床に設置して電源、電話、LANなどの多目的なコンセント