家事らくらく

 

 

 

Reform Point 家事らくらくリフォームのポイント

 

Point1.スムーズな家事動線

 

"家事動線"とは、家事に係わる人の動き(移動)のこと。これが長かったり、ドアの配置や通路の狭さで動きにくいと

不便を感じる要因に。キッチン→洗面所→洗濯物干しなどの動線が短く、スムーズなことがポイントです。

 

 

 

Point2.機能的な収納

 

部屋ごとに、モノの定位置をつくることで使いやすく、後片付けも簡単に。限られたスペースを無駄な無く使える工夫や

機能的なシステム収納を取り入れます。また、大型のウォークインクローゼットで家族の洋服など一括管理するのも

良い方法です。

 

[例]

⇒ウォークインクローゼット・・・家族みんなの衣類収納として使える大容量プラン

⇒クローゼット収納パーツ・・・棚板とパーツを自由に組み合わせてカスタマイズ

 

 

 

Point3.メンテナンスのラクな内装材

 

汚れやキズが付きにくく、お掃除もラクな内装材を選びましょう。最近は、防汚加工を施し、汚れにくくおそうじしやすい

壁材や床材、又、建具の表面材などが充実していて、用途に応じて選べます。

 

[例]

⇒ワックスフリーフローリング・・・傷や水、汚れに強く、お手入れも簡単な床材

⇒汚れ防止クロス・・・水汚れに強い抗菌性PPフィルムをラミネートした壁紙

 

 

 

Point4.便利な設備機器

 

使いやすさ、清掃性、収納力などをチェックして快適な設備機器を取り入れると家事効率が大幅にアップ。

 

キッチン 

毎日の調理、後片付けを簡単にする機能を取り入れて。

 

[例]

⇒対面型システムキッチン・・・リビング収納と一体化させた機能的なキッチン

⇒食器洗い乾燥機・・・後付けタイプのプルオープン食器洗い乾燥機

 

 

浴室 

掃除のしやすさでおすすめなのがシステムバス。快適性にもすぐれています。

 

[例]

⇒システムバス・・・浴槽、床、鏡までお掃除しやすい工夫が充実

⇒浴室換気暖房乾燥機・・・既存の換気扇枠に取付け可能。浴室が便利な乾燥室に

 

 

洗面化粧台・トイレ

洗面化粧台は収納力や使いやすさ、トイレは洗浄かお掃除しやすさで選びましょう。

 

[例]

⇒洗面化粧台・・・収納、使いやすさ、お手入れのしやすさにこだわった洗面台

⇒全自動お掃除トイレ・・・流すたびに自動で泡洗浄し、お掃除の負担を軽減

 

 

 

Point5.プラスアルファのスペース

 

キッチンや洗面所に隣接させて専用の家事スペースを設けると、とても便利です。多目的に使える「ユーティリティー」や

「家事コーナー」、モノが片付く「パントリー(食品庫)」で作業をサポート。

 

[例]

⇒家事コーナー・・・ワイドなカウンターをセットして便利な家事コーナーに

⇒パントリー・・・キッチンサイドのちょっとした空間を活用したパントリー収納