二世帯住宅

 

 

 

二世帯住宅リフォームのポイント

 

Point1.住まいや家族構成に合ったタイプをみつける

 

二世帯住宅といっても、さまざまなタイプがあります。家族構成や考え方、スペースに合わせて、わが家に合うタイプを

みつけましょう。

 

◇共用タイプ
玄関・浴室・LDKのすべてを二世帯で共用するタイプ。共用部分が多いので、比較的コンパクトな建物が実現でき、

設備などの費用面でも経済的です。それぞれのプライバシーをどう確保するかがポイントです。

 

◇一般共用タイプ
例えば玄関と浴室を共用とし、LDKなど生活の一部を別々にするタイプ。どこを別にして、どこを共用にするかは、

暮らし方によって様々な方法があります。程良い距離感を保ちながらふれ合えるタイプです。

 

◇完全分離タイプ
親世帯・子世帯の暮らしを上下階や左右にふり分け、完全に分離するタイプ。すべて分離するんおで、独立性を

保ちながらお互いに気兼ねなく生活できます。ただし、すべてのスペース・設備が2つ必要となるので、十分な広さと

予算が必要になります。

 

 

Point2.プライバシーと交流スペース

 

それぞれの世帯は、プライバシーを守りながら快適さを重視したプランニングを行いますが、各世帯が仲良く暮らすための

交流スペースも大切です。広いリビングやウッドデッキ、ホビールームなどを設けて、交流スペースに活用しましょう。

 

 

 

Point3.省スペース化

 

敷地やスペースが限られている場合、全ての設備や玄関などを二世帯文分用意できないことがあります。

必要な機能は維持しながら、空間をこんぱくとに有効活用する工夫やプランニングが大切です。

 

 

 

Point4.ユニバーサル設計

 

二世帯住宅は子供から高齢者までが生活するのですから、みんなが使いやすいユニバーサル設計にします。

リフォームの機会に床の段差をなくしたり、玄関や浴室・トイレに手すりを設けるなど、安全性への配慮が大切です。