趣味満喫

 

 

 

Point1.内装材

趣味に合わせて床や壁材を選びます。例えば、ホームシアターやピアノ室なら、防音・吸音効果のある床・壁材を。

陶芸や絵画なら、お掃除しやすいタイルの床に自然素材の壁材といった組み合わせがおすすめです。

落ち着ける空間にする為に、色や素材にこだわって、自分だけの空間作りをしましょう。

 

Point2.収納

快適な作業スペースにする為に欠かせない収納。例えば、ビーズやパッチワーク、模型作りなら、作業台を設け、

細かいものが収納できる引き出しや棚もあるといいでしょう。収納するモノの大きさ、量、出し入れのしやすさを

考慮した収納プランがポイントです。

 

Point3.窓・照明

趣味に没頭する為には、窓や照明も大切なアイテム。ただ窓をとって明るくするのではなく、絵画なら日中に

光量の差がない北側に窓を設けたり、模型作りなら作業台の上には直射日光が当たらない位置に窓を設け、

手元を照明で明るくするといった工夫が必要です。ホームシアターも、あまり大きな窓は設けず、照明は調光装置を

つけて雰囲気を演出します。