夫婦二人のセカンドライフ

 

 

Point.セカンドライフリフォームのポイント

  

オープン空間+可能性

子供が独立して使わない部屋が出来れば、思い切って不要な間仕切りを減らし、オープンな空間にします。明るく、風通しも良くなります。その際に、住まい可変性を持たせておくと、もっと使いやすくなります。たとえば、和室をなくして広いリビングにした場合、間仕切り開閉壁を設けて置けば、昼は大人数の来客に対応できるリビングルーム、夜は間仕切って来客用寝室として使えます。

 

バリアフリー

50代・60代からのリフォームに住まいのバリアフリー化は欠かせません。

ただ、例えば今手すりなどを多くつけておくのではなく、将来的な身体の衰えに対応できるように準備しておくことが大切です。プランはできるだけ単純にして移動しやすくし、通行幅を確保し、中途半端な段差は解消しておきます。

趣味空間

セカンドライフでは、アトリエやホビールーム、ホームシアターといった趣味の空間をつくることも大切なポイントです。リタイヤして夫婦と共に家で過ごす時間が長くなると、それぞれが1人で落ち着ける空間も求められますので、書斎や家事室といったスぺースもおすすめです。また、ホームシアターなら防音性を考えたりといった趣味に応じた仕上げの配慮も必要になります。

 

メンテナンスフリー

日常の生活での負担を見直して、危険が少なく、清掃などできるだけ負担がかからないメンテナンスフリーの住まいにすることも大切です。キッチンや浴室も安全で清掃性の良いものを選んだり、内装材や屋根・壁などの外装材も、お掃除しやすく耐久性の高いものがおすすめです。