外装リフォーム

外装

 

外装リフォーム

EXTERIOR REFORM

 

外装材は住まいの印象を左右するだけでなく、紫外線・風雨、暑さ寒さから

住まいを守る重要な素材です。

さまざまな種類がありますが、それぞれの性能や特徴を知って、

我が家にピッタリな外装を遊びましょう。

 

 

屋根は、住まいの中で最も風雨にさらされる場所。ズレやヒビ割れなどがあると雨漏りの原因になります。普段見えにくいからこそ、定期的なチェック、メンテナンスが必要です。屋根の状態をみて最適なリフォーム方法を選びましょう。

 

 

●塗り替え

彩色スレートなどの表面塗装を塗り直す方法。屋根材も下地もあまり傷んでいない場合に行います。塗装の種類で耐久性が異なります。

 

●重ね葺き

彩色スレートなどの屋根材で、屋根は傷んでいるが下地材がしっかりしている場合。軽量の金属屋根材などを既存の屋根に重ね張りする方法。

 

●葺き替え

屋根の傷みが激しい場合に、既存屋根材を撤去して新しい屋根材を葺きます。下地のやり直しも含めて検討します。

 

 

 

外壁はモルタルに代表される湿式工法とサイディングなどの乾式工法があります。素材や立地条件で点検時期は異なりますが、3~5年おきに汚れ、カビ、色褪せ、色落ち、反りなどをチェックしてリフォームしましょう。

 

 

●塗り替え

モルタルやサイディングなど塗装が必要な外壁材を塗り直す方法。

 

●重ね張り

既存の壁材の上に新しい外壁材を張り増しする方法。

 

●張り替え

既存の壁材を撤去して新しい外壁材に張り替える方法。

 

 

 

 

日本は、地震の多い国です。いつ起こるか分からない大地震に備えて、地震に強い家にしたいものです。外装リフォームの際に耐震・減震を考慮してリフォームすると、より安心・快適な住まいになるでしょう。