カーテン・ブラインドの基礎知識

 

 

 

 

 

 

ウインドウトリートメントの役割

 

カーテンに代表されるウインドウトリートメントには、窓まわりを飾る以外にもさまざまな役割があり、どんなものを選ぶかで、住まいの快適性も違ってきますので、ここで改めて確認しておきましょう。

 

装飾性

窓は室内の大きな面積を占め、とても目立つアイテムのひとつ。インテリアとして外からも中からも美しく窓を演出します。

 

調光

カーテンやシェードの場合は、布地の選び方や開閉によって、室内に入ってくる光の量をコントロールします。また、ブラインドはスラットの開閉で光の量が調節できます。

 

遮蔽/遮光

外からの視線を遮る「遮蔽」と、日ざしを遮る「遮光」は、プライバシーの保護や安眠に欠かせません。完全に光を遮りたい場合は遮光カーテン、光はとり入れ視線だけをカットしたい場合はミラーカーテンなど、必要な機能に応じて選びます。

 

断熱/保温

夏は窓の外から入ってくる熱を、冬は冷気の侵入を防ぐと共に室内の温かい空気の流出を防ぎます。冷暖房効率を高めて省エネにも貢献します。

 

防音

布地が音を吸収することで、外からの音をやわらげ室内の音を外に漏れにくくしたり、音響をソフトにする効果があります。防音カーテンなら更に効果が期待できます。

 

 

 

ウインドウトリートメントの種類

 

窓を彩る定番といえばカーテンですが、住まいの多様化にともなって、今ではさまざまなスタイルのものがあります。それぞれの機能性を理解し、インテリアスタイルに合わせて使い分けます。ソフトでエレガントなインテリアならカーテンやシェードなどの布製のソフトトリートメントがよく、クールでモダンなインテリアにしたい場合は、アルミや木製のブラインドのようなハードタイプを選びます。

 

 ソフトトリートメント

カーテン ドレープ
レース(シアー)&ボイル
ケースメント
スタイルカーテン
ローマンシェード プレーン&シャープシェード
オーストラリアンシェード

 

 ハードトリートメント

スクリーン ロールスクリーン
プリーツスクリーン
パネルスクリーン
ブラインド バーチカルブラインド
べネシャンブラインド